鷲雁は雑記

クックドゥードゥーと鳴いたら花丸な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うわーうわー

超誕生日。

もう誕生日がうれしい歳でもない。
こうして人は歳食って死んでいくのだと実感。
あと何年生きられるのかな。たまに考えると切なくなる。
そういや小さい頃に、夜中布団に包まって「死にたくない死にたくない」なんてずっと思ったことがあったなぁ。
まぁそれでも眠気に限界きたら寝ちゃってたわけだけど・・・。
あの時はなんであんなに怖がってたのかな。不思議。
今も死が怖くないわけじゃないけど、昔ほど純粋に死と言うものを見ていないような気がする。
ただ漠然と目の前に立ちふさがる黒い壁。
一歩踏み出せば一歩遠ざかり、一歩引き返せば一歩近寄ってくる壁。
一歩踏み出して壁が遠ざからなければ、引き返して寄ってくる壁が止まらなかったら・・・。

死は気まぐれ。

生きてる限りずっと離れない、離れてくれない気まぐれな壁。

生と死は表裏一体。
いや、本当は表も裏もないのかもしれないな。
どちらか好きなほう・・・なんて選べないし。

って誕生日がなんでこんな辛気臭い話になるんだ。
どうせ辛気臭いなら目が痛くなるような麻婆豆腐つくった話も書けばよかったか。
名づけて眼刺しマァボゥ。超辛気臭い。




スポンサーサイト
  1. 2005/03/28(月) 01:53:57|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

1000円札1枚より500円玉2枚

やーなんか雑記も書かなけりゃHP自体もなっかなか進まないという体たらく。
見に来てくださる方に申し訳ないですな、わはは。
まぁ毎日毎日そう面白いネタが転がってるわけじゃないので雑記の方は仕方ないかなーとか結局怠けつつ、結局怠ける。
転がってるときはそりゃもう二百由旬転がっても止まらないんですけどねぇ。

で、雑記じゃない部分で奮い立たせようと一念発起。
ふと見るとサイトの方のカウンターが1000も近い。
999と1000の境界なんてあって無いようなもんに思えますけど、もしかしたら意外に大きいかもしれない。なんたって3桁と4桁の境界。小銭から紙幣に変わる境界。
ああしまった、一応一円札とかあったよダメじゃん小銭、いや小札。
そんなわけで1000踏んだ人が、もしあるならばリクエストSSでも書いてみようかと。無ければスルーして日常に戻りますから別に何の気負いも勢いもありませぬ。
まぁもしありましたら、どうせ回りも遅いことですし1100までにそのときの最新の雑記にでもコメントとしてリクエストしていただければそれでいいような気がします。メールとかでも別に構いませんけど。
ただし内容は東方に限りますのと、鷲雁は東方の旧作をした事無いので下手なりにもうまく扱える自信が有りません。なるべくそっち方面は外していただけると助かります。
あと全キャラ出せとか言われても鷲雁にそれをこなせるかどうかはものすごく別問題ですんで、なるべく私の力量でも出来そうな題でお願いします。
まぁ一番肝心な事を申しますと、東方知らない人が踏んじゃったらごめんなさいって事です。

他に問題があるとすればあれかな、ここ見てるほとんどが身内のような気がするって事だけかな。
いや・・・鷲雁が1000踏んじゃったっていう最悪のパターンがありましたな。

ま、それはそれでここらしくていいか。
  1. 2005/03/25(金) 00:00:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ただいま

実家からの雑記更新です。

やー昨日から帰ってました。
しかし寒い。本気で寒い。
3月ももうすぐ半ばだというのに、雪が降った。しかも原チャで外出た帰りに。
道路に積もらないまでも、轟々と吹き荒れだす雪、雪、雪。
でも春だしすぐやむよなーとか楽観しつつ、コンビニに避難。
30分後、将太の寿司とか立ち読みしながらふと外を見る。

・・・やっべー、状況変わってないどころか明らかに悪化してる。

やむ気配ゼロ。コンビニに避難したときより気持ち7割雪も増加。心の内に生まれる不安も増加。増えるのは財布の中身だけにしてくれ頼むから。
しかし見ると、まだ幸い道路には積もっていない。
このまま待っていて道路が目も当てられない状態になると、本格的に帰れなくなるのは必至。
意を決してコンビニを出て原チャにまたがった。
そして道路に出た瞬間後悔する。
やばい、視界が白い。何も見えやしない。死ぬってマジで。
手袋とか何の意味もなさず、寒さ冷たさが肌肉通り越して骨まで貫通してくる感じ。ブレーキかけようとするだけで手が痛い。レティとチルノ頑張りすぎ。
あまり交通量が多い道路じゃなかったからよかったものの、本気で死にかけた。
今日は厄日かとか心の内で叫びつつ、ようやく家に辿りつく。
まぁお約束は裏切らないというかなんというか

家に着いた瞬間、雲間が切れて晴れてきたよコンチクショウ。

もう口に出して叫ぶ。今日は厄日だ。
  1. 2005/03/13(日) 17:26:43|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

時と場合で応用しなくちゃならないパターン化

というわけで息抜きに永夜抄やってたら夢想転生ゲット・・・!

226回目の正直者が生をつかんだ。
ごめん嘘、鷲雁はあまり正直者じゃなかったりする。
とにかくやっと残り1秒の壁を打ち破る事が出来た。とれた瞬間高々と拳を振り上げましたよ。
エイドリアーンって感じで。
まぁ今のところ一番とるの苦労したの無何有浄化なんですけどね。
きゃつは666回目の正直。タイミング計ったかのようにビーストオブナンバー。
さすがEXけーね。獣だもの。ケダモノだもの。
しかしこれでラストワードはゆかりんを残すのみ。

・・・ごめん本家弾幕結界がそもそもとれてない_| ̄|○
  1. 2005/03/10(木) 13:58:58|
  2. 東方雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

保存する前に

ページをなぜか閉じてせっかく書いた雑記を消してしまったようだ。

豚肉をアップルティーで煮た話を、人の食欲とか最近「いただきます」「ごちそうさま」の本当の意味合いが薄れてるんじゃないかとか、とにかくそういう事に絡めて面白おかしく書いた一時間が無駄になってしまった。ちくしょう、返せ。
  1. 2005/03/09(水) 01:57:58|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぁなんというか

ちょこちょこ進めてます。

とか書いては見たものの、これだけじゃ本当に特定の人にしか伝わりませんが(笑)

自分なりにゆっくりでも、出来る範囲で出来る事を。
いや、違うな。
出来る範囲で、やりたい事を。
ゆっくりなのは変わりませんけど。

自分のことなのに自分で期待が膨らむばかり。
でも自分ですら期待が出来ないものになんて、誰も期待しない。
謙虚と高慢の境界。明確なようで実は不明瞭。
裏と表は近いようで遠い。でも遠いようで近い。

我がまま。己のままに。
今在る精一杯を、精一杯の我がままをキーボードに込めて。
  1. 2005/03/04(金) 10:18:51|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。