鷲雁は雑記

クックドゥードゥーと鳴いたら花丸な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やばいっす

いそがしいっす。
いそがしいっす。
忙しいっす。
磯餓死逸す。

あ、あんぎゃぁぁぁぁ!!?
スポンサーサイト
  1. 2005/04/30(土) 21:20:21|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

華と空間のお話

鷲雁の昔からのツレはみんな言葉で遊べるやつらである。
話していて面白い。
語彙力とはまた違う。
あそこまで行くともう感性。会話にひたすら長けているすごいやつらだ。

そう会話。
鷲雁がSSを書くときに重きをおいているのが会話だ。
もちろんそれ以外が重要でないかと言われればもちろんそんな事はない。そこもちゃんと意識はしている。たぶん。

じゃあいったい会話ってなんなのよさ。

鷲雁が思うに、会話とは物語や日常の「華」なのではないかと。
華は必ず存在しないといけない、と言うものではない。
見ているだけで清々しくなるような大草原に一輪二輪の華を求めるものなどいない。
しかし誰もいないような裏路地にぽつんと華が咲いていたら、そこになぜか目がいってしまう。
華とは在るものではなく、添えるもの。
物理的に添えられるのではなく、見る者が一つの空間として添えられていると認識するかどうかである。
添える、添えられるものだからこそ、華のみで空間を彩るとやけに派手派手しくなって、空間によっては不似合いになってくる。
しかしそれは大草原であろうと裏路地であろうと同じ事。
空間を意味の在るものにしようと思ったら、その空間自体を考えなければいけないのだ。

そして華から空間へ。

華を過剰添えするべき空間ならば、その空間は華を添えまくってこそ美しい。添えられるべき華が主役になるという型破り。
しかしそれは間違いなのではなく正解なのだ。
もちろんそれが自分以外に受け入れられるかどうかといえば、各々の美的センスの差によってまた別の話になってくる。
本当の間違いとは、田んぼのど真ん中に向日葵植えたり、山から草一本残さず丸裸にしたりするような事なのだ。
そこに新しい活路を見出せるならまた正解に転じる事はできる。
が、それは発見であって、もはや田んぼでもなければ向日葵畑でもないまったく新しいものに変わっている。

結局のところ、空間の作り手が何を目的として、どんな手段(華だけに限らない)を用いて空間を作っていくかを明確にビジョンとして見ていないと、望む空間はできないということである。


空間に添える華。
例えば今はあなたの部屋。
目の前には植木鉢。
さぁ、あなたはどんな華を添えますか?


鷲雁の部屋だとナスビとかいいんじゃないかなー。食えるし。
  1. 2005/04/24(日) 17:42:35|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

丑三つ時から死んだように眠る

というわけでやってきました今週のホリディ。
提供は限りなく締め切りに追われている鷲雁でお送りいたします。
休みが休みじゃないよ必死だよ。えーりんえーりん助けてえーりん。


自分が今まで生きていて一度もやったことのない事を、いきなり「はい、やってー」と気楽に言われてできるわけがない・・・と思っていた。
でもやってみたら意外とできるもんだ。これは革命だ。いかに食わず嫌いだったかがわかる。
大事なのはまず「やる事」。次に勢いに「ノる事」。最後にリズムを「作る事」。
ここまでできればあとは勝手に体が動く。
初めてやる物事の場合、まずできないのが「やる事」。
取っ掛かりができないとやはり人は躊躇する。あきれるほどに躊躇する。
まずこれができる人とできない人に分かれる。
その次に「ノる事」ができないと気力が萎む。惰性で始めるかそうでないかの差は大きい。
マラソンに例えればここはスタートダッシュ。
「やる事」がスタートダッシュではないのは、マラソンは走る以前にスタート地点に立つことが必要だからだ。
そして最後に必要と言うか大事なのが「作る事」。
最初から最後まで同じペースで走れる人なんてなかなかいない。
同じ速度で走っているように見えてもやはり状況に合わせた緩急がある。
大事なのはそれを考える事ではなく、身につける事。
だからこれは「やる事」と「ノる事」を繰り返さないとできないのだ。一回やれば何でも「見切ったゾォ!」とか言える天才児は別として。
まぁいくら天才児でも、見切りきれないところは在るのだが。
またマラソンの例えになるが、走っている環境ですべてが変わってくる。晴れの日と雨の日は同じ道でも同一ではない。
また同じ雨の日でも、わずかな風の強さでまた変わってくる。
周りに声援があるかないか、視界から何台の車が通り抜けたかという事ですら関わってくる。
だから常に全てが同一などと言うことは在り得ない。
ただ、全ての事象に全てのリズムを作る必要はないのだ。
自分にそのときそのとき必要なリズムを作る、それが大事。
これがわからないうちはオーバーワーク。
メルトダウンするかその前に要領を覚えるかは各々の感性と根性に差がでる。
鷲雁? だいぶこんじょなし。

だから鷲雁は必死。感性があるかないかは自分ではわからないので置いておくとして、根性がないのはわかっている。
だから人よりメルトダウンする時間が早いのもわかっているのだ。
 
まぁとりあえず何が言いたいかっていったら、一部鷲雁の走ってるリズムが狂ってきましたよ、と。
このマラソンがどうなるかは向かい風起こしてる風神様次第だなぁ(笑)
とっぷーしっぷーさいばすたー。魔法剣エーテルちゃぶ台返しの行方や如何に。

ここまでの提供は、いつもニコニコ心ワニ式の鷲雁でお送りしました。




  1. 2005/04/20(水) 12:41:09|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日はカレー

昨日もカレー。
明日もカレー。
多分明後日までカレー。

余計なことしてないから一人前91円。
余計なことした日は一人前320円。

うん、経済的。
  1. 2005/04/14(木) 08:04:07|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

今日は休みの日

精一杯翼を休める。
でも足は動きっぱなし。水面下の熾烈な戦い。

ジタバタジタバタジタバタシャバダバ。
  1. 2005/04/13(水) 07:59:36|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新生活=新世界

慣れないのも辛いけど、それ以上に花粉症が辛い。

対花粉マスクを発明した人は偉大だ。
  1. 2005/04/12(火) 06:35:55|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

はー

総本山で新作情報が出ましたねぇ。
内容はツレの家で見たことあるくらいなので確証ないんですが、たぶん旧作の東方夢時空と同じ感じなのかな。
まぁなんにせよ楽しみであります。

各所四月馬鹿で盛り上がってましたが、別にこのサイトじゃする必要ないと思って何もせず。
で、回ってるとほととぎす様のところのサイトにとんでもないことが書いてあったような気がする。
……見間違い? 今見るともう違うこと書いてあるしなぁ。
いったいどこまで広がるのか例のものは。
まぁそちらのほうもニヤニヤしながら期待させていただきます(笑)。

って自分も今日から環境がかなり変わるんだった。
忙しくなりそうだなぁ。

そして別に隠す必要もないと思うのできっぱりとここら辺りで。
ここ見てる方の半分はそっち関連かと思うので。
Mary's・・・シリーズの最終話、今のところ約67%書けてます。
未完で終わらせるつもりはありません。
自分で納得するところまで書きたいと思っています。書かせてください。
ただ諸事情で多分創想話の方には投稿しないと思いますが、その辺はご理解いただけると助かります。
それじゃ今日はこの辺りで。
  1. 2005/04/02(土) 07:23:00|
  2. 東方雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。